山中弘博士(筑波大宗教社会学)のトーク 後編


写真は、崎津御朱印所(普應軒)にて 山中弘博士と花咲実(山口誠治)

【3月20日】世界遺産登録後の天草の未来

宗教と社会の関りを研究する山中博士は、長崎と全く違う宗教融和の文化が宿る天草に大いに興味を持たれて、今後も天草の歴史と文化をもっと研究したいという思いが積もっておられました。
特に、宗教と観光は別々だという意見がある一方で、江戸時代のお伊勢参りや四国遍路には、厳格な修行というよりも観光を兼ねた遊山の文化がみられることから、必ずしも宗教と観光は切り離すべきものではなく、お互いに影響を与え合うものであるというのが、山中博士の見解です。
世界遺産に登録された崎津集落が、今後どのように宗教と観光が結びついて地域社会を発展させていくか、そこが注目されるという点を強調されていました。

山中弘博士(筑波大宗教社会学)のトーク 前編


写真は、崎津御朱印所(普應軒)にて 山中弘博士と花咲実(山口誠治)

【3月19日】崎津三宗教御朱印のすばらしさ

宗教と社会の関りについて造詣が深い筑波大学宗教社会学の山中弘博士が、天草の視察にこられました。
山中博士は、平成30年6月30日に世界遺産に登録された長崎の潜伏キリシタンについて研究した結果、長崎の潜伏キリシタンは受難の歴史を耐え抜いたキリシタンの人々の歴史であって、そこに他宗教との融和はほとんどなかったという見識に至りました。
しかし、ネット上で、天草の崎津では三宗教の御朱印なるものがアップされているのを見て驚き、いったいどんな歴史と経緯が天草にあったのかを知りたいと渇望され、平成31年3月14日に御来天されました。
そこで初めって知った天草の感動的な歴史について、花咲実とお話された収録の前編です。

村上和雄教授の「幸せの遺伝子がスイッチオンになる生き方」

世界で初めてレニン細胞の遺伝子の全暗号を解読した筑波大学名誉教授の村上和雄先生が、みつばちラジオで生命の不思議についてお話しして下さいました。

笑いによって血糖値が下がる遺伝子のスイッチがオンになるという研究を吉本新喜劇と一緒にやられたことで、笑いが健康になる遺伝子のスイッチをオンにするという仮説を立て、それが世界中から注目されている「笑いの科学」であることを笑いながらお話して下さいました。
人は、本来笑って幸せになるように遺伝子が組み込まれていて、笑わない生活は不幸になるという非常に分かり易いお話で、多くの人たちを魅了してやまない異才の科学者村上和雄先生のお話は値千金の幸せのヒント満載です。

実は、花咲実こと社会教育家の山口誠治は、村上和雄先生の主宰される「心と遺伝子研究会」の会員で、昔から村上先生を尊敬してやまない信奉者でありました。

幸せになる遺伝子の使い方

 


《関連情報》
心と遺伝子研究会
公益財団法人 国際科学振興財団 バイオ研究所
〒305-0821
つくば市春日3丁目24-16 2F
Tel:029(848)8555/Fax:029(848)8556
E-mail:kokoro@fais.or.jp
HP URL:http://mind-gene.com/
★公式Facebookページ
https://www.facebook.com/mindgene.murakami


 

【ゲスト】村上和雄教授の「遺伝子とサムシンググレート」

世界で初めてレニン細胞の遺伝子の全暗号を解読した筑波大学名誉教授の村上和雄先生が、みつばちラジオで生命の不思議についてお話しして下さいました。

1mgの2500億分の1の重さの遺伝子に、新聞紙2億ページにおよぶ生命の設計図が書かれているのは、決して偶然ではなく、何か偉大なる存在が書き込んだに違いないというのが村上和雄先生のいうサムシンググレートの存在で、人類はそれを神様とか仏様とか、自然とか宇宙と呼んできました。
村上和雄先生は、科学者の目で見てそれをサムシンググレートと呼ばれ、それが現在世界の標準語となっています。
村上和雄先生のお話がラジオで聞けるなんて、本当に貴重な音源です。

幸せになる遺伝子の使い方

実は、花咲実こと社会教育家の山口誠治は、村上和雄先生の主宰される「心と遺伝子研究会」の会員で、昔から村上先生を尊敬してやまない信奉者でありました。


《関連情報》
心と遺伝子研究会
公益財団法人 国際科学振興財団 バイオ研究所
〒305-0821
つくば市春日3丁目24-16 2F
Tel:029(848)8555/Fax:029(848)8556
E-mail:kokoro@fais.or.jp
HP URL:http://mind-gene.com/
★公式Facebookページ
https://www.facebook.com/mindgene.murakami


 

【ゲスト】中村五木天草市長 新年のご挨拶

正月元旦に、中村五木市長に「市長が描く幸せな市民の暮らし」についてお聴きしたものです。
写真は、世界遺産登録を記念して﨑津三宗教御朱印の御朱印調印第一号で中村市長が﨑津教会で頂いた御朱印です。
独居老人が1割を占める天草市の市民がみんな笑顔で幸せに暮らすために、牽引役の中村市長がどんな天草市の未来図を描いているのか、とくとお聴きください。


《ゲスト情報》
中村五木天草市長⇒ホームページ「市長室へようこそ