九電ハイテックの冨山和也所長3/3

九州電力は、地域に根付いた企業となるために地域社会に対して奉仕活動をしている中に、冨山所長は10年前にスペシャルオリンピックスで、知的障がいのある人たちのスポーツ大会の支援を通して、本当の幸せを感じることがあったことをお話されました。
地域社会へのボランティア活動は相手のみならず自分自身の心の豊かさにつながっていることを熱く語られました。

九電ハイテックの冨山和也所長2/3

みつばちラジオでも流れている九電ハイテックのトンビとカラスのCMについて、漏電や感電の危険を回避するために注意を呼び掛けている内容についてお話です。
また、有事災害の時には全国から被災地に電力供給車が参集して、被災者の命の安全を守ることを第一に、病院、警察、行政など、電力が途切れることなく供給されるなど、今まで知らない大切なお話をお聞きしました。

 

九電ハイテックの冨山和也所長1/3

普段は何気なく使っている電気エネルギーですけど、そこには電気が止まらないように守り続ける仕事をしている人たちがいます。
3日間続けて、九州電力グループの九電ハイテック冨山所長に、どんな仕事をしているのかお聞きしました。
まず1日目は、人吉出身の冨山所長さんの幼い頃の楽しかった思い出をお聞きしました。

熟睡CD談議 立花さんと植田さん1/3

みつばちライブラリ第一弾「ぐっすり眠れる大人の昔ばなし」の朗読を担当したパーソナリティ立花佐代子さんと、完成したオーディオCDブックを聞いた植田こうたさんとのトーク。
植田さん「これは、本当にやばいっす」という言葉が印象的で、強烈な睡魔に襲われてしまう。

ぐっすり眠れる大人の昔ばなしCM(真理子さん)

「ぐっすり眠れる大人の昔ばなし」は、夜なかなか眠れない人のために、懐かしい日本の昔ばなしを聞きながら、次第に深い睡眠に入るように作られました。
オーディオCDブックですので、CDだけでなく同封のブックレットには、より安らかに寝るための秘訣が書かれています。1500円+税です。