小さな一歩を!

あなたの歩みは、亀のように遅いかもしれません。

でも、どんなに遅くても、小さな一歩を踏み出すのです。

その一歩から、次の一歩が生まれ、そしてまた次の一歩へと進むのです。


【今日の名言】

前途は遠い。

しかして暗い。

然し恐れてはならぬ。

恐れない者の前に道は開ける。

行け。

勇んで。

小さき者よ。

『小さき者へ』より 有島武郎(小説家)


【喜び上手】

雨だれの一滴は、小さな一滴です。

でも、その一滴の後にまた一滴が垂れる。

一滴一滴は、小さなものですが、それを繰り返すと、大きな岩にでも穴が空きます。

あなたの小さな行動も同じです。

小さな行動を、少しづつ積み重ねるのです。

一度に大きなことをしなくてもいい。

むしろ、小さな行動を何度も何度も繰り返すことが、やがて大きな結果となります。


【今日のポイント!】

小さな行動を積み重ねよ!

信じることは、希望となる!

あなたが人を信じることができなければ、心は闇に包まれるでしょう。

目に見えないものを信じることは、勇気が要ります。

人のことを信じることで、あなたと相手と両方に幸運が訪れます。


【今日の名言】

人間への信頼は希望を支える。

シュバイツァー(ドイツの哲学者・医者)


【喜び上手】

人を信じることができたら、希望が生まれます。

不思議な事ですが、あなたの心で信じたことが、現実に起きます。

人を信じたら、その人はあなたが信頼せざるを得ないことをするようになります。

人を信じ、希望を持てる人は幸せです。


【今日のポイント!】

人を信じて幸せになれ!

一度っきりの人生!

人として生まれてきて、本当に幸せを感じていますか?

生きる喜びを感じて下さい。

毎日が幸せであることを感じて下さい。

 


【今日の名言】

たった一度しかない一生をほんとうに生かさなかったら人間に生まれてきたかいがないじゃないか。

山本有三(小説家、政治家)

 


【喜び上手】

あなたは、人間です。

ただの動物ではなく、心の自由があるのです。

心は、幸せになるために使うのです。

苦しむために、心を使ってはなりません。

幸せな心には、感謝があります。

そして、人の幸せを我が事として喜ぶのです。

すると、誰でも生きる幸せを感じます。

 


【今日のポイント!】

幸せは、感謝と人の幸せを喜ぶこと!

男がパンティーストッキング!

学生時代、冬寒くて、何人かの友達は、パッチ(ズボン下)をはいていた。

しかし、一人風変わりな男がいて、黒のパンティーストッキングをはいていた。

「気持ち悪い!」

と言うと

「アホか!これパッチと同じで、めっちゃ温かいんだぞ!」

と自慢していた。

—————–
【今日の名言】

笑う顔は打たれぬ。(日本の格言)

—————–
【喜び上手】

3才の子どもが、 大根おろしのことを「大根ごろし」と言っていた。

同じように、「とうもろこし」を「とうもころし」と言っていた。

また中学生の頃、歴史の授業で、先生が、

「百姓が、お上にたてつく戦を、何と言うか?」

「ハイ!つちいっぱつです!」

と答えたヤツがいた。「土一揆」のことを「つちいっぱつ」と読んだらしい。

—————–
【今日のポイント!】

罪のない間違い!

自然の造形美!

梅の花が咲いています。

五弁の花びらが、紅色に染まり、冬の景色に終わりを告げる香りがします。

この時期、この花を、一体誰が咲かせるのでしょうか?

 


【今日の名言】

いかなる自然も芸術に劣らず。

芸術の仕事は全て自然の物事を真似ることなり。

アウレリウス(古代ローマの皇帝)

 


【喜び上手】

お日様は円形で、お月様も円形、地球も円形です。

円は、偏りが無く、最もバランスが取れた調和の形です。

七色の虹が空に映り、大地は七色で彩られた調和の世界であることを教えてくれます。

寄せては返す波の音は、体内の血潮の鼓動に似ています。

そこに、自然の調和したリズムがあります。

自然の中に、調和の取れた真実の美があることを感じた時、人は至福を感じます。

 


【今日のポイント!】

自然は、調和の取れた究極の芸術だ!

【レクチャー】幸せって何だろう?その6

世の中は、お互いに支えあって生きる社会だから、お互いが自分の役割を充実させていくことによって、みんなが幸せに暮らせます。
家庭や職場や地域や趣味の世界でも、みんなが自分の役割を担って生きるのが共助社会で、人から支えられるだけでなく、自分も誰かを支えて生きることが大切です。
天草がみんながそれぞれ役割のになって支えあって暮らす社会になれば幸せな社会になります。